事務所通信

毎月1回 税金、人事労務、経営など皆様に役立つ情報を提供します。

事務所通信(糸島通信)

第92号配布中!
下記 [事務所通信第92号をダウンロード]をクリックするとカラーにて印刷出来ます。

下段 印刷用(バックナンバー)より過去の事務所通信をカラーにて印刷出来ます。

又は

メール又はFAXでお送りします。
メール又はお電話にて請求して下さい。

来春より始まる年次有給休暇5日の取得義務への対応


平成31年4月から全ての企業(個人事業も含む)において、年次有給休暇の日数のうち年5日については、

使用者が時季を指定して取得させることが必要となりました(年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して)。ただし、従業員が自ら取得したものや労使協定による計画的付与で取得したものは、会社が指定する5日から除いて考えることができます。取得する日の指定は、会社側が勝手に行うのではなく、まずは従業員に取得する日の意見を聴き、その意見を尊重した上で取得日を指定することが求められています(努力義務)。通達では、その方法として、従業員の意見を聴いた上で、年次有給休暇取得計画表を作成し、この計画表に基づいて取得させること等が考えられるとしています。現状、労務管理を行う上で作成が求められる主な書類として、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿があります。年次有給休暇の取得義務化が始まることで、今後はこれらに加え、年次有給休暇を取得した時季、日数および基準日を従業員ごとに記載した年次有給休暇管理簿を作成することが義務付けられます。現在有給休暇を5日以上取得出来ている場合は追加の対策は必要なく、管理簿の整備をしましょう。

参照:Mykomon

業績向上を生む4つのポイント


いきいき職場(働きやすく、やりがいもある)から学ぶ、業績向上につながる働き方改革のポイントは、
①「やりがい」に目を向ける
  仕事そのものの面白さ、達成感や成長感を再認識する
② 経営者が本気で「この会社の方向性」を明確にする
  トップが社員に語りかけるのが重要である
③ 現場が動かないと会社のカルチャーにはならない
  現場に寄り添い、現場を巻き込んで施策を考える
④ 仕事の意味付けと棚卸し
  どんな仕事をいま、どれだけ時間をかけてやっているのか、なぜその仕事が会社にとって必要かを考える

出典参照:企業実務

ゆとりある時間の使い方のコツは?


時間の使い方を工夫して、心にゆとりを作る

決められた時間の中で、ゆとりある平常心で物事を進めていくためには、ちょっとしたコツが必要です。
物事を計画的に進める。思いつきで物事を進めない。
やることを抱え込まない
・出来ること、出来ない事を区別する。
・他人の手伝いよりも、まずは自分がすべきことに集中する。
・今やるべきことを後回しにしない

このようなことを心がけていけば時間の使い方が上手くなり、ゆとりある心で慌てることなく生活できます。


出典:平常心のコツ 植西 聰著


編集後記


 今年も福岡ソフトバンクホークスが日本一になりましたね!

 普段は勝気な工藤監督が今年の8月に「俺の決断力が足りない」と自分を責め、「何かを変えたいなら、まず自分が変わらないと」と考え、選手を食事に誘って意見に耳を傾けた。選手との対話で誰しも抱えているものは違うことを再認識した(出典:西日本スポーツ)。

 「自分と未来は変えられる」ですね。




印刷用(バックナンバー)